白内障の医療機器・設備

最先端の医療で質の高い視力回復を実現するために

白内障手術(水晶体再建術)は医療技術と機器の進歩によって安全な外科手術となっています。安全に正確に手術を終えることが前提となった現在、当グループでは、より患者様本位の手術、ライフスタイルやニーズに応え、患者様と見える喜びを共有し、誠意と真心のある医療を目指します。

それを実現させるため、最新の検査機器・手術機器を揃え、医師、職員一同、学会、生涯教育等へ積極的に参加し、精進を重ねております。
手術をご希望の方のご質問にも分かりやすくご説明させて頂く努力をしていますのでお気軽にお声かけ下さい。

手術前の検査について

広範囲が撮影可能な眼底検査機器を用いて、白内障以外の視力低下の原因となるご病気がないかを調べます。

異常があれば眼底三次元解析装置にて病状を詳細に把握します。

白内障の手術は、術後早期の視力回復が実感でき、痛みもほとんどありません。全身状態にもほとんど影響がありません。
それで、簡便な手術と思われがちですが、良い視力を保ち、お一人お一人が満足いく日常生活に合った視力を確保するためには、事前に目の状態を把握したうえで手術プランを立て、充分な説明を心掛け、安心して手術をうけて頂ける事が重要だと考えています。

手術の前に精密 検査で眼軸長(眼球サイズ)を測定し眼内レンズの度数決定を行います。

前眼部三次元解析装置にて角膜の 状態を把握します。プレミアムレンズには必須検査で術後の見え方に影響する 因子がないかを確認します。

患者様に眼内レンズをご提案、選択して頂きます。
その際に眼内レンズの特性とご本人の眼の状態、ライフスタイルに合わせレンズをご提案致します。お一人でご心配の方はご家族も御一緒に説明させて頂きますので是非同伴で御来院下さい。
詳細はこちら→眼内レンズ

手術をリラックスして受けていただけるよう、手術入院室フロアーの環境づくりに心がけ、 日常とそれほど変わらない、リラックスした状態で手術を受けられるよう入院、日帰りにも対応致します。

手術風景及び最先端の手術装置

詳細はこちら→機器の紹介

最先端の手術装置(超音波乳化吸引装置)及び顕微鏡システムを用いて、安全に、確実な白内障手術を行えます。リラックスして手術を受けて頂けるよう、手術室はクラッシック、リラクゼーションミュージックを流し、声を掛けながら進めます。
当院看護スタッフが手を添え緊張緩和に努めます。

手術後のケア(メガネ)

・当院では、眼鏡処方に精通したスタッフが患者様ひとりひとりの生活スタイルをよくお伺いし、最適なレンズを提案処方します。

・眼鏡処方箋が出ましたら、おもろまち駅前院1Fの併設眼鏡・コンタクト店「クリスタルビジョン」で、処方箋に忠実な眼鏡を作成する事ができますのでご相談下さい。購入後の度数変更にも充実のレンズ1年間保証付きです。