設備紹介

2017.06.03更新

OPMI Lumera 700

角膜、ICL、水晶体、緑内障、網膜硝子体手術を安全確実に行うためには、必須の顕微鏡と考えています。従来の製品ではなし得なかった立体感のある見え方に加え、多種機能を備え、あらゆる手術に対応できる優れた顕微鏡です。
又、主に白内障手術アシストシステムCALLIST(カリスト)視野内表示機能により、術者は術野から目を離すことなく、様々な情報支援を直接受けることができます。

OPMI Lumera 700

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.06.01更新

CASIA

前眼部三次元画像解析は、これまでの眼科的検査では行えなかった、角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や立体構造の数値的解析が行える唯一の方法です。不正乱視を含んで数値的解析ができるため観察困難であった、角膜混濁症例の前眼部断層像を取得でき、角膜ジストロフィーの混濁分布や深さを数値化することで、より正確な治療的角膜切除術(エキシマレーザーによるもの)を行えます。角膜混濁症例の隅角を撮影し、その状態に合わせて様々な手術の時期及び術式の選択、適切な治療方針を立てることができます。術中の合併症を未然に防止し、より安全性の高いものを選択することができる先進医療技術です。

CASIA

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.05.24更新

optos

一般検診の眼底カメラが30~50度の画角に比べ、1度の撮影で200度の観察が可能です。
そのため、散瞳剤(瞳を拡げる薬)を使用せずに網膜の80%以上の領域の高解像度画像を、非接触で撮影できますので患者様の負担が軽減します。

従来の検査機器では観察困難であった網膜周辺部の病変も、見逃さずに捉える事が可能です。

optos

赤、緑、青の3色の光源を装備しており、網膜を表層から深層まで観察できますので、糖尿病、緑内障、網膜剥離等、様々な疾患に対応可能です。フルオレセインという造影剤を用いて蛍光眼底造影検査もおこなえるため、あらゆる血管病変にも広角で対応できます。観察、記録、診断、さらには治療方針の決定に非常に有効です。

optos

蛍光眼底撮影検査とは
・糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症などの診断には欠かせない検査です。
 
・血液の流れの状態や、通常の眼底検査ではわからない病変の状態を詳しく調べるために腕の血管に蛍光色素(フルオレセイン)を注射しながら検査を行います。蛍光色素によって発光した血管、血流が鮮明になり、弱い部分や詰まったところがよく分かります。つまった部分は暗くなり、出血や、血液の成分が漏れた部分は発光します。主要な網膜血管だけでなく網膜の毛細血管まで高解像度で観察でき、部位、範囲を明確にすることできます。

・糖尿病網膜症の場合、レーザー光凝固術が必要かどうかを判断、治療プログラムを経てるために検査を行ったり、施行したレーザー治療を評価する際にも蛍光眼底造影検査は欠かせない大きな役割を担っています。 

カラーマップ
optos

蛍光眼底造影
optos

自発蛍光の病変
optos



※Optos, optos and optomap are registered trademarks of Optos plc. Optos, optosおよびoptomapはOptos plcの登録商標です。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.04更新

HFA20170517

・主に視野の中心部分を精密に測ることができます。視野を正確に知るためには欠かせない重要な機器です。

・結果を統計的に判断し蓄積することができます。視野進行解析プログラムが内蔵されており、蓄積された検査データから経時的な視野変化・進行が捉え、予測することが可能です。

HFA20170517-1

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.04更新

AFC
眼底(眼の奥)を撮影する事が可能です。
従来の眼底検査の60%の光量で同等の撮影が可能な為、患者様の負担を大幅に軽減する事ができます。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.03更新

RS-3000
網膜、角膜疾患を詳細にスキャンする事ができ、診断と記録に役立てます。また、緑内障に関しては早期診断と経過観察を性別や年齢別に作成された標準データベースを元に行います。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.03更新

constellation vision system

白内障・硝子体手術に対応するフルファンクション硝子体手術機械です。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.03更新

FDT20170517

・視野欠損の検出が、早期に効果的におこなえます。緑内障の早期検出は、緑内障管理がより早期に開始できることを意味し、早期に治療を開始できれば、生涯にわたりQuality of Vision を維持できることにつながります。

・短時間で検査が行えますので、健診等のスクリーニングに適しています。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.02更新

OPMI-Lumera-700

半世紀以上に渡って全世界の眼科医はZeiss社の手術顕微鏡と労を共にし、さまざまな眼科疾患に挑み、そして戦い、患者様の視力維持回復に寄与してきました。 新世代の手術顕微鏡は患者様の高い要求、術者の高度な手術手技に応え、手術室内の効率化を課せられています。OPMI LUMERA 700の開発はこうした背景を元に進められました。

つまり高品質な光学系を有した光学体部分を基本スペックに据え、これに前眼部から後眼部まで多岐に渡るオプションを追加、あらゆる手術ニーズや困難な症例に応えられるよう現在考えうるすべてのファンクションを装備した新次元手術顕微鏡です。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科