糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症の説明図

糖尿病網膜症は、腎症、神経障害とともに糖尿病の3大合併症の一つである。緑内障に続いて、(21%)中途失明の原因の第2位(19%)で年間3千人以上が視力を失っているといわれています。

網膜とは眼の奥(眼底)にある神経であり、カメラで言えばフィルムの役割を果たし人間が物を見る為に重要な組織です。細かい血管が密集している網膜は高血糖の影響を非常に受けやすいのです。

網膜が糖尿病の影響で高血糖状態が続くことによって血流が悪くなり、細かい血管が除々にダメージを受けたり、酸素不足(虚血)状態が続く事によって、酸素供給の為に脆くて弱い新生血管が新出してくる事があります。そうした状況が続くと血管がやぶれ硝子体出血や網膜剥離などを引き起こしてしまう原因になってしまいます。日本眼科医会の報告(05年度)によると、糖尿病になってから15年で約4割が網膜症を発症し、重症化するケースが増えており、食生活の影響が指摘されています。

糖尿病の罹患期間と網膜症の発症率は?
糖尿病になってから10年で30%、20年で70%が発症
糖尿病の進行スピードは?
単純型網膜症が発現した後は、病状の進行は早い

糖尿病と診断されたら

糖尿病網膜症における治療は大きく内科的治療と眼科的治療に分けられます。内科的治療の主体は血糖コントロールであり、眼科的治療の主体は網膜光凝固術と硝子体手術であり、現在の所、眼科的に用いられている薬物療法は補助的な位置づけとされています。血糖コントロールと同様に血圧や脂質のコントロールも網膜症の管理の上では重要です。

糖尿病網膜症での血糖コントロール

網膜症を発症していない糖尿病
  • 急激な血糖コントロール(下降)が有効
網膜症を発症している糖尿病
  • 急激な血糖コントロール(下降)が
    網膜症を増悪させることがある
  • ヘモグロビンA1cを6ヶ月で3%下降させる血糖コントロールが有効

血糖コントロールの指標

血糖コントロールの指標

網膜光凝固術とは

網膜光凝固術とは、簡単に言えばレーザー治療のことです。網膜の虚血部分や新生血管の新出部、出血部等にレーザー光を照射し凝固する事です。

虚血部分を凝固することにより、酸素が必要なくなり、新生血管新出抑制、又は新生血管自体を凝固することにより出血を予防したりします。

単純糖尿病網膜症
毛細血管が瘤状に膨らんでいる部分や、点状出血が見られます。
増殖前糖尿病網膜症
血管障害が広く進行し、虚血状態が悪化しており、出血や硬性白斑に加えて軟性(綿花様)白斑が見られます。
増殖糖尿病網膜症
網膜の出血や白斑に加えて新生血管や増殖膜ができ硝子体出血も見られ、ひどい場合、失明に至ります。
レーザー治療の有効性は?

レーザー治療の有効性についての説明

硝子体手術とは

硝子体手術についての注意点など。

硝子体手術の適応
  1. 長期間、自然吸収の認められない硝子体出血
  2. 牽引性網膜剥離
  3. 黄斑部を覆う網膜前出血
  4. 硝子体出血を伴う黄斑外剥離
  5. 黄斑偏位
  6. 血管新生緑内障
  7. 糖尿病黄斑浮腫
硝子体手術
  • 器械、技術の進歩により手術成績が向上
  • 万能な手段ではない
  • 過度の期待は禁物(白内障手術とは異なる)

糖尿病網膜症の治療について

糖尿病網膜症は網膜光凝固術や硝子体手術が治療法として脚光を浴びているが、
基本は血糖コントロールです。

糖尿病網膜症により失明することがクローズアップされているが、失明に至るほどの高度視力障害となる例は糖尿病患者および糖尿病網膜症患者のごく一部なのです。

仮に糖尿病網膜症が発症しても血糖コントロールを守り、適切な眼科受診を行っていれば多くの場合、視力障害を引き起こさないで済む。その一方、実際に失明してしまう原因としては増殖糖尿病網膜症に続発した血管新生緑内障や硝子体手術をおこなっても復位ができない牽引性網膜剥離などである。これらの例は一部であるが、糖尿病網膜症の場合、社会的失明に至る特徴として両眼性に視覚異常が起こることがあげられ、他の疾患に比べ患者の失明に対する不安感は想像以上のものと考えられます。

そのような状態になる前に生活習慣病である糖尿病および糖尿病網膜症は、患者の自己管理にてその発症、進展を防ぐことができる病気であることを認識して頂く為に、早期から説明を行ない、病態理解に務めていく事が治療以前の失明予防の第一歩です。

ここ2〜3年、新しい治療方法・診断方法・薬剤等が次々と登場してまいりました。
当院では多くの学会に出席し、医師のみならず、視能訓練士、看護師、臨床検査技師、医療事務職員など、チームで最新の医療を提供致します。お気軽にご相談下さい!

医療法人 水晶会 安里眼科
所在地:〒901-0302 沖縄県糸満市字潮平722番地
TEL:098-994-1882 / FAX:098-994-1895