レーシック/LASIK(近視・乱視治療)について

最近、雑誌やテレビによくでてくるLASIK(近視矯正術)をご存知ですか?

特殊なレーザーで近視の治療をする手術です。手術時間は片眼約10分で、現在では眼鏡やコンタクトレンズで不便を感じている多くの方が受けられています。
手術前の度数(近視の度合い)や年齢によって、術後視力の違いもありますが、多くの方が手術を受けられた後、1.0以上の視力を得ています。LASIKは手術ですから、誰でも受けられるわけではありません。適応条件もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

  • カスタムビューレーシックの詳細はこちら
  • カスタムビューレーシック ビデオの再生

レーシックに関するご相談・お問い合わせは安里眼科 098-994-1882まで。

適応検査(術前検査)のご予約はこちらから

レーシック治療の流れ

お問い合わせ

レーシックに関するお問い合わせなど、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:098-994-1882(受付7:00〜12:00 / 13:00〜17:30)
休診…木曜日の午後、日曜日、祝祭日、年末年始

また適性検査のご予約はこちらから

「レーザー近視矯正手術を受ける方へ」問診表を事前に印刷、記入して弊院に提出していただければ、受付がスムーズになります。

レーザー近視矯正手術を受ける方へのダウンロードはこちらから

屈折矯正手術
適正検査
(所要時間:2時間前後)
  1. オートレフケラトメーター・・・眼の屈折状態(近視・遠視・乱視の度数)や角膜のカーブの状態を測定します
  2. ノンコンタクトトノメーター・・・眼の硬さ(眼圧)を測定します
  3. 視力検査・・・裸眼視力と矯正視力(凹レンズまたは凸レンズ、乱視レンズにて矯正した視力)を検査します
  4. 優位眼検査・・・利き眼を検出します
  5. 涙液検査・・・涙の量を測定します
  6. スペキュラーマイクロスコープ・・・角膜内皮細胞の数や形、大きさを測定します
  7. 細隙灯顕微鏡検査・・・前眼部(角膜・結膜・眼瞼)と中間透光体(前房・虹彩・瞳孔・水晶体・前部硝子体)を観察します
  8. TMS・・・角膜の形状(角膜乱視)を解析し、正乱視・不正乱視(眼鏡やコンタクトで矯正できない乱視)を検出します
  9. オーブスキャン・・・角膜の形状(角膜の前面、後面)の解析、また角膜の厚み、前房深度を測定します
  10. 瞳孔計検査・・・明所、暗所にて瞳孔の大きさを測定します
  11. 眼底カメラ・・・散瞳薬にて瞳孔を広げ、網膜に異常がないか確認します
  12. 院長の診察
  13. カウンセリング

適正検査にて特に問題がなければ手術可能となり、さらに詳しい検査(手術前検査)を受けて頂き、手術。という流れです。

屈折矯正手術
手術前検査
(所要時間:4時間程度)
  1. オートレフケラトメーター・・・適正検査と同じ
  2. ノンコンタクトトノメーター・・・適正検査と同じ
  3. 視力検査・・・適正検査と同じ
  4. 矯正視力検査(メガネで矯正した視力)・・・適正検査より詳しく、何十パターンの屈折値からベストな値を検出します
  5. ウェーブスキャン・・・波面収差(眼鏡やコンタクトレンズで矯正できない屈折のゆがみ)を測定します
  6. 調節麻痺薬点眼下にて再度4の検査をし、点眼前データと比較します
  7. インフォームドコンセント…エキシマレーザーアドバイザーによる詳しい説明(同意書の注意事項の読み合わせ)
手術
手術は午前中に行われます。朝、来院して頂き、術前検査で得たデータと変わりがないか確認するため視力検査などを行います。正午前後には帰宅できます。
術後翌日
午前中に来院し、視力検査・診察を受けて頂きます。(術後6ヶ月の間、診察・検査はLASIK・PRK患者様優先となりますので、待ち時間は外来患者様と比べ短時間で済みます)
次からの来院は、1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後・1年後となります。※異常があれば即刻来院されて下さい!

ご不明な点や、不安な事などお気軽にご質問・ご相談下さい!

LASIK(レーシック)メリットとデメリット

レーシックを受けるにあたってのメリットは人それぞれです。眼鏡やコンタクトから解放される。仕事上でどうしても必要。裸眼での視力回復はとても魅力的でしょう。

ただリスクも把握しておかなければなりません。

保険適用外のため手術代が全額自己負担になること。感染症や合併症の恐れや、視力回復の個人差などがあげられます。その他の詳細についてはお問い合わせの上、ご確認下さい。

当院では事前の検査やカウンセリングにより患者様との信頼関係を築きながら、安心して手術に臨めるよう努めております。

また臨床眼科学会、日本手術学会、日本眼科学会、白内障・屈折矯正手術学会、緑内障学会、網膜硝子体学会等多くの学会へ出席し、研鑽しております。
最先端の技術で患者様の視力をお守りいたします。

レーシック手術実績
  平成22年 昭和57年〜平成22年(累計)
LASIK 57 2,190
PRK・PTK 31 268

レーシックに関するご相談・お問い合わせは安里眼科 098-994-1882まで。

適応検査(術前検査)のご予約はこちらから