目の豆知識 一覧

散瞳検査

2011年10月18日

散瞳とは?

散瞳とは瞳孔(瞳)が広がった状態の事を言います。

 

散瞳検査とは?

散瞳検査とは散瞳及び調節麻痺剤を点眼しての検査となります。散瞳薬を点眼する事によって瞳孔が開き、眼底や水晶体を十分に照らす事ができ、観察する範囲を広げることができます。
散瞳薬及び調節麻痺剤の効果は4~5時間程度続き、その間は光が眩しく、かすんだ状態が続きます。

その為、散瞳検査を予定されている方はお車やバイクの運転は控えてください。

お子様の視力検査

2011年10月03日

子供の視力は、網膜にピントがあった状態(視性刺激)が続く事で成長と共に発達していきます。成長過程で屈折異常(近視、遠視、乱視)があると良好な視力が得られません。

視力というと、一般的に裸眼視力を考えると思いますが、眼科では矯正視力も含めて視力と考えます。(矯正視力とは、眼鏡、コンタクトレンズ等の矯正器具を装用した時の見え方)眼科的には矯正視力1.0以上を健常とみなします。一般的には両裸眼視力0.7以下は眼鏡が必要と考えます。

眼鏡を作製するには完全矯正視力(正確な近視、遠視、乱視の検出)が必要です。

しかし、成長過程にあるお子様は、調節力が強く正確な屈折値(近視、遠視、乱視)が得られません。(調節とは眼前の物体を明瞭に見る為にピントを合わせる機能です)

そこで、調節力の介入を防ぐためにも調節麻痺剤及び散瞳剤の点眼薬が必要です。正確な近視、遠視、乱視の度数を得ると共に眼底異常の有無を医師が確認します。

※調節麻痺剤の作用は、点眼後20~30分後に散瞳作用より遅れて効果が現れます。

※散瞳とは、瞳が拡がることでこの状態はまぶしく感じます。

そして、調節力が麻痺すると、手元が見にくい、ぼやけるなどの症状が出ます。

この症状は個人差がありますが、4時間程度で改善されます。

尚、眼の状態(調節及び屈折)によっては、作用の強い調節麻痺剤の追加点眼する場合がございます。この場合2日程度症状が続きます。その為、後日、再検査が必要な場合があります。

このように、調節麻痺剤を使用した日には普段の見え方と異なりますので、眼鏡やコンタクトレンズを合わせることができません。後日、御来院いただくことになります。

※お急ぎの方、点眼後の症状で都合の悪い方、午前11:00、午後4:30以降に受付をされた方は調節麻痺剤を使用すると、所要時間が検査のみで1時間以上となりますので申し訳ありませんが、次回検査の予約を受付にてお願いします。

お子様の視力検査は時間のかかる検査です。検査を受けられるご本人とお付添の方のご協力が必要です。また、体調の優れない時、眠気、疲れがある時はおすすめ致しません。ご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

近視について

2011年06月22日

近視とは、無調節状態の眼に入ってきた平行光線が網膜の前方に像を結ぶ屈折状態を言います。

近くは良く見えるが遠くはぼんやりしてはっきり見えなくなります。

当院ではメガネ販売やコンタクト販売、近視矯正手術(LASIK)等、一人一人にあった様々な屈折矯正を提供しております。

レーシック(近視矯正手術)に興味がある方はこちらへ

近視

 

遠視について

2011年06月22日

遠視とは無調節状態の眼に入った平行光線が網膜より後方に像を結ぶ屈折状態を言います。

網膜より後方に像を結ぶ為に、近くを見る時も遠くを見る時も調節をしないとはっきり見えません。

調節力のある年齢では、軽度の遠視では調節をする事によって良好な視力を得る事ができます。この為、学校健診では遠視を見つけにくい事があります。

常に調節力を使っている為、眼精疲労などの原因になります。

当院では、熟練した視能訓練士が多数在籍しており、早期の屈折異常の発見が可能です。

 

遠視

乱視について

2011年06月22日

乱視とは無調節状態の眼に入ってきた平行光線が、網膜の前方、後方を問わず1点に像を結ばない屈折状態をいいます。

角膜または水晶体の屈折面の対称的な歪みにより直行する軽腺で屈折力が異なる事です。

乱視では1点に像が結ばないので遠くも近くもはっきり見えません。

また、方向によって見え方が変わったりはっきり見る為に調節をするので眼が疲れ、眼精疲労をおこしやすいです。

当院では、メガネ販売やコンタクト販売、LASIKや乱視矯正手術(LRI)もおこなっております。

乱視でお困りの方は是非一度安里眼科へ御来院ください。

乱視

流涙症について

2011年06月04日

涙は目の表面を乾燥させないようにするために必要なものですが一定の潤いを維持することは決して容易ではなく、涙液が少なすぎるとドライアイ、多すぎると流涙症となります。

流涙症があると正常な眼機能があっても物がうるんで見えにくくなるため、生活に支障を来したり、ハンカチが手放せなくなったりします。目には、眼表面を潤した後の涙を流す涙道があります。これは、涙腺が目頭付近にあってそこで作られた涙液が眼表面を潤した後に流れ込む涙点から始まり、涙小管を通って目頭の奥にある涙のうにいったんたまり、さらに鼻涙管を通って鼻の奥に流れ去ります。通常、流涙症はこの涙道の一部が閉じることでおこり、涙のうより上流で閉塞すると流涙症を、涙のうより下流で閉塞すると流涙症に加え、涙のうの中に膿がたまる涙のう炎を起します。涙道閉塞の治療は閉塞の場所や閉塞してからの期間により異なります。