眼内コンタクトレンズ(ICL)

眼内コンタクトレンズ(ICL)とは

近視や遠視、乱視に対しては通常眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが一般的ですが、その煩わしさから解放されたい方に対しては、屈折矯正手術という選択肢があります。

屈折矯正手術としては現在レーシックが最も普及しています。レーシックは、角膜をエキシマーレーザーで精密に削る優れた手術方法のひとつですが、強度近視や、強い乱視、角膜が薄い方、円錐角膜の方には適応されません。角膜の強度を保つために治療できる度数に限界があります。

ICL(Implantable Collamer Lens)とは、角膜と水晶体の間に薄いレンズを眼内に挿入し、レーシックが不向きな強い近視・遠視・乱視、又は、角膜の形状が不正な方を矯正することができる治療法です。

厚生労働省認可の「ICL」
「ICL」は、コラマー(Collamer®)という素材で作られています。コラマーはHEMAを主成分とする含水性ポリマーで、コラーゲンを含むことで眼内での生体適合性を向上させています。
2010年2月に厚生労働省から承認されました。

眼内コンタクトレンズ(ICL)の治療について

眼内コンタクトレンズ(ICL)の料金

ICL手術は「自由診療」です。厚生労働省に認可された治療法ですが、レーシックと同様に健康保険は適用されません。

片眼 ¥350,000(消費税別)
両眼 ¥700,000(消費税別)

上記費用は手術費用、レンズ代金、術前・術後3カ月までの検査・診察費用を含みます。
医療保険に加入されている方は保険会社に該当手術であるか事前にお問い合わせ下さい。