当院からのお知らせ

2018.10.04更新

本日10/4(木)午後2時より台風25号の接近により公共交通機関が運行停止となりました。安里眼科おもろまち駅前院は暴風に備え休診とさせて頂きます。

明日10/5(金)は公共交通機関であるバス、モノレールが運行停止となっている間は安里眼科糸満院/おもろまち駅前院(併設眼鏡店クリスタルビジョン含む)共に休診とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.10.03更新

10月3日に、総院長が大阪労災病院の副院長兼眼科部長である恵美和幸先生の手術見学に行ってきました。朝9時過ぎから夕方6時頃まで白内障・硝子体・緑内障手術と盛りだくさんの内容でした。3Dビジュアルシステムを使用しての手術もやっておりました。手術のアプローチの仕方、戦略の立て方や考え方など、実際の症例を見ながら学べたのでとても勉強になりました。今後、私自身の手術手技にも取り込んでいきたいなと思います。(担当 安里)

大阪労災病院 恵美先生

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.28更新

台風24号接近の為、9/29(土)の外来診療は糸満院、おもろまち駅前院ともに終日休診とさせて頂きます。

おもろまち駅前院1階のクリスタルビジョンも休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.27更新

本日は参天製薬株式会社の竹市氏による地震対策について抗VEGF薬アイリーアについての説明会が行われました。

表紙4地震対策

9/20,9/21と糸満/おもろまちの両院で救急対応と消防避難対策を行いましたが、今回は地震対策について学ぶことができました。先の北海道地震こともあり、慎重、真剣に取り組む姿勢が伺われた有意義な勉強会となりました。地震発生時のP波(小さな縦揺/秒速約7km)が起こってから次のS波(大きな横揺/秒速約4km)が起こる前に安全ゾーンへの移動が大事であること。この初動作が肝心であることが理解できました。これは救急対応、消防避難と同じで、何事も有事の際は的確な判断と初動作が大事であると分かりました。地震の場合は院内レイアウトを把握した安全ゾーンと危険ゾーンを把握して速やかな移動、案内を促す必要があります。各フロアで通路と通路が交差する場所で物が倒れたり、ガラスが落ちてこない所を安全ゾーンとして指定し、そこへ避難する、誘導できる訓練が必要と感じました。院内における業種別の注意事項、転倒防止の方法、チェック項目マニュアルなどの紹介もありとても参考になりました。

アイリーア

その後にアイリーア投与方法についての説明があり最適な治療と目的を学ぶことができました。今回もわかりやすくご説明頂いた竹市様ありがとうございました。

 

総院長出題の第21回安里眼科院内テストは 目と健康シリーズN0.6~10                                                                                           網膜動脈閉塞症/加齢黄斑変性/中心性漿液性脈絡網膜症/網膜色素変性症/緑内障でした。(担当 屋冝)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.25更新

9/24(月)おもろまち駅前院は電気保安協会による安里眼科おもろまち駅前の計画停電検査が行われました。 9:00~10:00の間に停電となりましたが、1秒もかからず発電装置へ切り替わることが確認できました。復旧後も、電子カルテを含めたすべての機器が問題なく作動し たことを確認し無事終了しました。(担当 屋宜)

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.22更新

会場1

理議長、総院長がウィーンで開催されている、欧州白内障屈折手術学会(2018 ESCRS)へ参加しております。

案内1

盛大な学会で世界の最先端の医療技術の発表、機器、製品が展示される場で新しい情報を持ち帰り、今後の診療に活用していきます。

ナビラス

ナビゲーションシステムレーザー Navilas system Laser

ZEISS 1

ZEISS 2

ZEISSブースにて

glaucoma day

レンティス コンフォート

多焦点眼内レンズ 焦点深度拡張型 EDOF 日本使用経験  Lentis Comfort アナウンス

参天

Santen

リニ

rini

来年

ぶーす前

来年はパリです。(担当 屋宜)

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.21更新

9/20(木)糸満院 21(金)おもろまち駅前院にて救急対応マニュアル、消防避難対策確認を行いました。院内で急変した患者様へのマニュアル確認と見直し、救急セットの内容とAEDの設置場所などの確認行い、その役割と連絡網を見直しました。

 

救急2


その後に消防避難の経路や火災報知機の確認を行い、消火器および消火栓の場所をスタッフ皆で確認し合いました。

火災探知機

避難はしご

 救急対応、消防避難のどちらも発見時の初動作が重要で迅速かつ正確な対応が求められること、役割をどこまで行っているかという報告が必須であるということが確認できた有意義な時間となりました。(担当 玉城)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.18更新

平成30年9月18日(火)
安里眼科 糸満院にて笑気吸入鎮静法について勉強会が行われました。

パンフ

安里眼科では、手術時に強い不安やストレスを感じている患者様に安心して手術を受けていただけるように笑気麻酔を併用した治療を検討しています。

安全性について
笑気ガス(亜酸化窒素)が麻酔薬として広く用いられているのは、適度な鎮静作用と比較的強い鎮痛作用を持っていて、効果の発現と消失が速やかであること、重要臓器にほとんど影響を及ぼさないなどの安全性があります。
手術後、副作用もなく覚醒がすぐに可能なため、麻酔が残ることはありません。
車での来院も可能、術後の転倒などの問題も少なくて安全。

笑気麻酔を利用することで術中も目の動きが安定するため、執刀医が安定した操作が可能になり、手術もスムーズに行えるようになるなどの説明を受けました。

ご担当された日高様、ポイントを分かりやすく説明して下さりありがとうございました。

(担当 宮里、比嘉)

風景

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.16更新

9/16日(日)におもろまち駅前院 院長安里 瞳先生が 琉球新報/沖縄の健康を支えたい。9月は医療と健康について考えよう【医療トップインタビュー】へ掲載されました。

この日は県民栄誉賞を受賞した安室奈美恵さんの引退の日でもあり、紙面は華やかで賑わいました。

院長 新報記事

 

当院では、月1回、静岡県の聖隷浜松病院眼形成眼窩外科部長の嘉鳥信忠先生をお呼びし、診療および眼瞼手術を行っております。

患者様へご満足頂けるよう、丁寧な診察と適切な治療を心掛けていきます。近隣病院、医院と連携を取りながら見える喜びに貢献できる眼科として、スタッフ一同取り組んでまいります。(担当 末吉)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.09.15更新

すら1

9/15(土)に新大阪駅前カンファレスセンターにてスター・ジャパン合同会社主催でICLセミナーが行われました。参加対象が眼科コメディカルとのことで、屈折検査とICLサイズ選択の重要なポイント、角膜形状解析の考察、患者様へのカウンセリングのポイントと参考になることが沢山ありました。質疑応答も活発に行われ、検査を受けられる方が負担なく、精確な検査を行うための工夫を学ぶことができました。沖縄からの参加施設は当院のみでした。

五十嵐先生

スラ2

世話人としてご尽力された五十嵐先生の分かりやすいご説明も患者様へ反映できるように励んでいきます (担当 狩俣)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

前へ 前へ