当院からのお知らせ

2020.11.24更新

第59回日本網膜硝子体学会総会出席のため令和2年11月28日(土)~29日(日)まで

総院長 安里 良は不在となります。

ご理解の程宜しくお願い致します。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2020.11.04更新

当院1階に隣接しているクリスタルビジョンからのご案内です。

近視進行抑制サプリメントの、ロートクリアビジョンジュニアEXが2019年10月から発売されていますが、マイオピン、オルソケラトロジーご希望の患者様がここ最近増えてきているため、お子様の近視抑制に力を入れているご家族様へのご提案です。

近視の仕組みとして眼の形(角膜曲率)、眼の長さ(眼軸長)で近視の度合いがほとんど決まります。形(角膜曲率)は変化しないのですが、眼の長さ(眼軸長)は成長と共に変化し、環境(本人の物の見方)などにも左右されると言われています。

眼の長さは短くなることはなく、ある程度の年齢までは近視が進んでいきます。ロートクリアビジョンEXには近視抑制効果のあるクロセチンが7.5mg含有されており、治験では約20%もの近視抑制効果が認められています。

近視を抑制するため方法として当院ではオルソケラトロジー(ナイトレンズ)、マイオピン点眼などを提案しています。(自由診療)

オルソケラトロジーとは、毎日寝る前にコンタクトレンズを入れて朝にコンタクトレンズを外して、日中眼鏡やコンタクトレンズをせずに生活することができ、近視抑制の効果が一番高いとされていますが、コンタクトレンズを入れて眠るため、異物感が強く、装用が難しい患者様もいらっしゃいます。マイオピン点眼は、夜眠る前に点眼する事で近視の抑制をする目薬ですが、目薬を嫌がる、入れ忘れて毎日続けることが難しい患者様もいらっしゃいます。

ロートクリアビジョンEXはコンタクトレンズでもなく、目薬でもなく、サプリメントで1日1錠と飲みやすいため、小さいお子様から始める事ができ、オルソケラトロジーをしたいが痛がって難しく、もう少し年齢が大きくなってからという患者様にお勧めです。(検査 玉城)

1

2

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科