当院からのお知らせ

2019.10.21更新

去る2019年10月9日に、ホテルロイヤルオリオンにて、抗アレルギー点眼薬の新しい知見~アレジオンLX 0.1%新発売 WEB講演会(参天製薬)が行われました。まず、両国眼科クリニックの深川和己先生より、抗ヒスタミン点眼薬の本来の薬効が発揮され、症状を適切にコントロールするために用法通り継続使用して点眼遵守することの有用性について説明がありました。やはりほとんどの抗アレルギー点眼薬は4回/日のものが多く、特に若い人などはなかなか点眼回数を守れていないのが現状であると、私も日々の診療で感じておりましたが、2019年の春の花粉シーズンに行われたWeb点眼実態調査では、アレルギー性結膜炎の患者さんの課題として、用法通りに継続的な点眼ができていない実態が浮き彫りとなり、QOLへの影響も示唆されたとのことでした。また、東京女子医科大学の高村悦子先生より、処方の主流であるヒスタミンH1受容体拮抗作用およびメディエーター遊離抑制作用を併せ持つ、エビナスチン塩酸塩点眼薬について、新知見も含め基礎および臨床の両面からについて説明がありました。花粉が飛散する数週間前から予防的に抗アレルギー点眼薬を使用することにより、季節性のものはある程度コントロールできますが、通年性にものに対してはハウスダストなどの影響も考え、部屋の掃除をこまめにしるなども対処方法としては良いかなと思いました。今後新しく発売される、参天製薬さんのアレジオンLXは点眼回数が2回/日で良いため、若い方でもしっかり点眼するだろうと予想されます。当院でも今までのアレジオン点眼薬に加え、アレジオンLX点眼薬も適応をみながら処方していきたいなと思います。(担当 安里)

アレジオンLX

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2019.10.06更新

10月5日、南部医療センターにて開催された視能訓練士の勉強会に参加して参りました。

1

勉強会の内容は、HOYAの小山さんによる「多様化する累進屈折力眼鏡について」・南部医療センター眼科ORTの比屋根さんによる「斜視検査の基本」でした。
累進屈折力眼鏡についてのお話では、現在患者様のニーズに合わせ、レンズ種類の多様化や、それに伴うレンズ構造の複雑化について学びました。そのため、実際処方した度数と、機器で測定した眼鏡度数が異なることがある様です。その際には、眼鏡店にレンズ種類の問い合わせを行ったり、患者様にレンズ袋を持参頂く様事前に声掛けを行うことが大切だと学びました。
斜視検査のお話では、どの様な点に気を付けて検査を行えば良いのか、小児の検査のコツ等を実際検査を行っている映像を見せて頂きながら学ぶことが出来ました。すぐに外来で使える手技ばかりで、今後の斜視検査に活かしていきたいと思います。
他院で行っている検査手技を聞くことは非常に勉強になると共に、スタッフのスキルアップにも繋がるため、今後も様々な勉強会に参加していき、スタッフとの情報共有を心掛けて参ります。
(担当 矢部)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2019.10.02更新

2019年10月2日(水)にザ・ナハテラスにて眼科手術アップデートセミナーが開催されました。

特別講演1『屈折矯正と老視矯正も希望する白内障患者を満足させるために必要なこと』 演者:木村 格先生(木村眼科内科病院)

当院でも多焦点眼内レンズを扱っておりますが、単焦点と比較して、メリット・デメリットどちらもあります。多焦点眼内レンズは、眼の中に入ってきた光を二つに振り分けてしまうため、光を全て活用する通常タイプの単焦点眼内レンズより見え方の質が劣ってしまう可能性があります。職業によっては、カメラマンやデザイン関係の職業の方、細かいことが気になり色々と考え込んでしまう神経質な方には向かない場合があります。また、多焦点眼内レンズを使いこなすために高度の網膜機能が必要であるため、網膜疾患などの病気に罹患している場合や、非常にご高齢な方などは網膜の機能自体が落ちている可能性があり、見え方の質が劣ってしまうため、適応外になることもあります。木村格先生は、片眼に遠中重視、もう片眼に中近重視の多焦点眼内レンズを挿入したブレンドビジョンについて、豊富な診療経験をふまえて分かりやすく説明していました。

眼科手術アップデートセミナー

特別講演2『IOL新素材デバイスClareon AutonoMeと3Dシステム NGENUITYの使用経験』 演者:坂口 裕和先生(大阪大学)

坂口 裕和先生は、炭酸ガスの内蔵された新しい挿入デバイスであるAutonoMeと新しい眼内レンズClareonについてのお話でした。当院ではAuto Sertを利用しておりますが、セッティングの手間が今後の課題かなと思いました。他に最近ホットなHeads up surgeryについてお話があり、大学病院などの教育の場ではかなり有用性があると感じましたし、あと術者の姿勢の負担が減るので長時間の手術でも疲れにくいとのことでした。年齢を重ねると、若い頃には感じていなかったことが徐々にでてきます。科学の進歩とともにまだまだ進化を遂げるであろう手術システムの今後に期待します。(担当 安里)

眼科手術アップデートセミナー

眼科手術アップデートセミナー

 

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科