当院からのお知らせ

2019.01.15更新

明けましておめでとうございます。去る1月13日に、那覇市のハーバービューホテルで安里眼科新年会が盛大に行われました。理事長の新年の挨拶で始まり、降旗先生、本幡瞳先生より昨年の反省点やこれからの安里眼科の在り方についてのお話がありました。その後、各部署主任から昨年の反省および今年の抱負についての発表がありました。新入社員8人もそれぞれの想いを述べてくれました。ビンゴ大会や余興でみんなで盛り上がりました。最後は総院長より締めの言葉を頂きました。今年も安里眼科糸満院&おもろまち駅前院スタッフ一同、力を合わせて患者様の満足度向上および沖縄の眼科医療に貢献していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。(担当 平安)

理事長挨拶

安里眼科新人挨拶

安里眼科新年会集合写真

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2019.01.04更新

第6回安里眼科ニューイヤーコンサートを下記日程で開催致します。

 

日時:2019年1月18日(金)11:00~11:40

場所:安里眼科おもろまち駅前2階ロビー

演奏者:中村祐実子(なかむら ゆみこ)プロフィール

沖縄POP VIOLIN

5歳よりヴァイオリンを始める。

沖縄県立開邦高等学校芸術科音楽卒業。

沖縄県立芸術大学音楽学部音楽学科

器楽専攻弦楽コース卒業。

第38回琉球新報音楽コンクール高校の部第一位受賞。

第35回沖縄県高等学校コンテスト弦楽独奏の部金賞。

2009年8月、AFJAM主催パリ国際音楽アカデミーにてアレクセイ・モシュコフ氏マスターコース受賞。

2012年2月、パレット市民劇場にてリサイタルを開催。

2012年7月、ピアニスト前元愛とのユニット「フルール」を結成。

2014年9月フルールの1stCDミニアルバム「Fleur」をリリース。

2014年度〜2016年度沖縄県立芸術大学非常勤講師。

2016年7月、パレット市民劇場にて「中村祐実子室内楽コンサートvol.1ムジカ・インスピラーレ・クラシカ」開催(Vc.金子鈴太郎、Pf.譜久山夏葵)

2017年5月、Flagship Japan主催東京駅サロンコンサート&パーティーVol.1にナビゲーター及びアンコール出演(八重洲ホール)。

現在も県内を中心にソロ、室内楽、オーケストラなどの演奏活動に携わる他、モデル、タレント業、アンビエント作曲業へも振り幅を拡大している。

妖艶可憐なビジュアルと、その見た目からは想像出来ない演奏技術は必見。

2018年11月にはDJ SASAとのコラボユニット「中村祐実子 with ちゅらさんぶる」でCD「かふう」を発売。

沖縄音楽に対する新たなアプローチを投げかけており、今後ますますの活躍が期待される。

楽しい音楽事務所所属。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2019.01.04更新

明けましておめでとうございます。会員の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。新執行部が発足して、6か月がたちました。昨年10月の各地区医師会連絡協議会を始め、会務・事業も滞りなく運営でき、ご協力、ご支援に対し、厚く御礼申し上げます。昨年は、台風24号・25号が直撃し、本土でも多くの自然災害が発生し、大きな被害をもたらした年でした。私達医療界にとって、明るいニュースもありました。本庶たすく先生のノーベル医学生理学賞の受賞です。(免疫細胞にブレーキをかけるたんぱく質を除去すれば、免疫細胞はがん細胞を攻撃することができるようなると)これまでのがんの手術療法・化学療法・放射線療法に加え、免疫療法という有望な治療法ができたことです。免疫療法により、癌腫が消失しなくても大きくならない状態となり、いわゆる慢性疾患としてコントロールできるようになるとのことです。今後、がん治療の主な治療法となるだろうと述べています。そして、その主流となるのが本人の発見したPD-1阻害剤(オプジーボ)で、その理由として初期の治療に有効である、手術療法・化学療法・放射線療法より免疫がおちるまえに使用するといい、副作用が少ない、短期間の投与でも長期間効いてがんが消失する場合もあるということです。しかし、今後、解決すべき課題として有効率を高めること(現在は30%?)、そして使用前に有効かどうかを見極める方法の確立が必要だと述べています。
個別の遺伝子解析による治療との組み合わせにより、さらに有効率が高まることを期待したいところです。南部地区医師会の今後の目標は、地域住民の健康寿命の延伸と、地域ケアシステムの構築です。行政および多職種との連携により、前進させるとともに介護・在宅を担当するドクターが少ないため、病院との連携をさらに強める必要があると思います。今年10月には消費税が10%となります。控除対象外消費税=損税の補填も診療報酬内で行うこととなりましたが、会員の不利益とならないようにしてもらいたいものです。米国と中国との貿易戦争・IT等の覇権争いで世界の経済の先行きが不透明になっております。日本も例外ではなく、今後、日米通商協議での安倍首相の手腕に期待したいと思います。そのような中でも、私たちは地域医療の向上を図っていかなければなりません。病診連携、医療と介護の連携を強化推進していく必要があります。そして、医師会活動の根底には会員相互の親睦が重要不可欠だと思っております。会員の増加に伴い、医師会に対する思いも多様化しています。これまで以上に多様化した会員の思いをいかに汲み上げ、医師会活動につなげていくかということが、今後取り組むべき大きな課題と考えています。医師会の最小単位である班会に参加しておられない会員に対しても、積極的にアプローチして日常診療で困っていることや、医師会に臨むこと等をアンケートを実施していいこうと考えております。今年5月からは元号が変わります。新たな幕開けにあたり、会員の先生方やご家族にとって良い年になることを祈念として新年のご挨拶といたします。  (南部地区医師会会長 安里良盛)

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科