当院からのお知らせ

2018.05.29更新

先日、総院長とスタッフ2人で福岡県の岡眼科飯塚クリニックの見学に行ってきました。とても広い敷地内に外来棟と、少し離れた場所に手術棟がありましたが、最新の設備が整っておりました。今回は、主にフェムトセカンドレーザーを用いたレーザー白内障手術の流れを見学させて頂き、スタッフの方の動き、患者さん確認のしかた、手術の清潔操作など色々と勉強になることが多く、大変有意義なものになりました。岡先生はじめスタッフの皆様、この度は本当にありがとうございました。(担当 狩俣)

 

岡眼科手術見学

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.26更新

クリスタルビジョン臨休知

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.24更新

本日アルコンファーマ株式会社によるアルコンファーマweb講習会が安里眼科おもろまち駅前会議室にて行われました。

アルコンファーマ講習会

松村先生による小児の涙管通水検査の注意点、プローピングの合併症と予防、乳幼児診察のコツのご講演があり、

スラ5

大江先生から成人における涙道疾患の診断のポイント、通水所見のご講演を医師、スタッフで拝聴させて頂きました。

スラ6

スラ7

今回のWeb講演会は、担当する医師だけでなくナース&検査員へもすぐに明日への臨床へ役立てることができる、大変学びの多い講習会となりました。                           おもろまち駅前院では涙道内視鏡および鼻内視鏡を用いた診断・治療も積極的に行っております。今後もスタッフ一同、涙道関連の勉強会に積極的に参加して意識を高めていこうと思います。         担当されたアルコンファーマ佐藤様 ありがとうございました。(担当 屋宜)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.19更新

毎年恒例の南部地区医師会ボーリング大会が、サザンヒルにて行われました。安里眼科からもAチーム、Bチームが参加しました。この会は他施設の方々との交流もあり、地域連携の意味でも大変貴重な機会となっております。参加施設は、てるや整形外科、みんなのクリニック、上里整形外科、野原整形外科、桜山荘、博愛病院、沖縄第一病院、南山病院で全17チームでした。安里眼科Aチームは5位、Bチームは7位でした。会員賞は見事第1位が安里良先生でした!!!今後も定期的に安里眼科ボーリング部としても活動していきますのでスタッフの方々、気分転換しながら楽しく仕事やっていきましょ~(^^)/(担当 安里)

南部地区医師会ボーリング大会

安里眼科ボーリング部

南部地区医師会ボーリング大会

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.17更新

本日、大塚製薬株式会社の松田様による ミケルナ配合点眼液の製品説明会及び糸満副院長 安里 瞳先生の出題による白内障についての第19回院内テストが安里眼科おもろまち駅前院4階会議室で行われました。

スライドミケルナ

ミケルナパンフ

 

カルテロール、ラタノプロスト特徴、その配合剤であるミケルナの特徴、作用効果と服薬指導を説明頂き

ミケルナ解説パンフ

ISA説明

カルテオロールは局所麻酔効果がなく、瞬目に影響しないこと、βブロッカーであるが、心拍数低下及び不整脈が起こりにくい。

ミケルナは防腐剤である塩化ベンザルコニウム製剤が添加されていないBACフリーで、アルギン酸(昆布等に含まれる食品添加物)抵当な粘度の確保により眼表面に優しい点眼剤である。

添加物やpHの工夫により室温保存が可能となり、かちっとボトルの採用で持ちやすく転がりにくいこと、開閉時にカチッと音が鳴るなど容器へのこだわりがある。

世界初の1日1回製剤同士を配合した緑内障治療薬であること等、とても工夫された点眼剤であることが理解出来ました。

大塚製薬 松田様ありがとうございました。その後に副院長出題の白内障手術における注意事項や合併症の院内テストが行われました。    (担当 屋宜)

 

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.16更新

本日、安里眼科おもろまち駅前で沖縄初のレーザーを用いた涙嚢鼻腔吻合術(DCR)が嘉鳥先生により、行われました。

~涙嚢鼻腔吻合術(DCR)~とは流涙の治療です。

流涙の治療法~
涙道内視鏡を用いて、専用の涙管チューブを挿入し、涙道を再建します。局所麻酔で行えるため、日帰りで治療ができます。挿入したチューブは外からはほとんど見えず、日常生活も問題なく行えます。チューブは通常2~3カ月後に外来で抜去します。
チューブを抜去した後に、再閉塞を起こした場合はDCRという手術による新しい涙道を作る方法もあります。涙の通り道である、涙嚢‐膜性鼻涙管と鼻腔(鼻の奥)の涙嚢以下を直接つなぐ手術で、より効果の高い治療法です。

今までの治療法のように鼻の付け根の骨に穴を開けて、骨性鼻涙管の中の膜性鼻涙管を出し、涙嚢‐膜性鼻涙管を開く方法では、出血を伴うため入院での手術となる事が一般的でした。今回行われた手術は涙点から細いレーザーを入れて、鼻の内視鏡で確認しながら、涙嚢から鼻腔への道をレーザーで拡大し、チューブを挿入し終了となりました。局所麻酔下で行われ、患者さんの負担が軽減された、低侵襲で出血の少ない手術でした。
手術を受けられた方が”全然痛く無かったよ”と言いながらお帰りになったのが印象に残っています。

レーザーDCR画像

流涙でお悩みの方はこちらから↓
http://www.asatoganka.or.jp/general/#general1111

当院医師、スタッフへお気軽にお声かけ下さい

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2018.05.11更新

jscrsインフォメーション

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科