設備紹介

2017.04.06更新

TMS

・従来の検査法では非接触非侵襲で観察が困難であった前眼部の断層像の撮影が容易に行えます。1 回の撮影で前眼部の全体像を捕えられるため、3 次元の画像を映し出すことや、角膜の前面と後面の形状を精密に計測し、それらをカラーコードマップとして表示できます。角膜の形状や断層についても詳細な情報を得られるため、角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患の治療に役立てます。

・緑内障に関係の深い隅角の状態を全周に渡って観察できることで、診断や治療後の経過観察に大変有用です。狭隅角眼などの術前/術後の検査に威力を発揮します。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.04更新

HFA20170517

・主に視野の中心部分を精密に測ることができます。視野を正確に知るためには欠かせない重要な機器です。

・結果を統計的に判断し蓄積することができます。視野進行解析プログラムが内蔵されており、蓄積された検査データから経時的な視野変化・進行が捉え、予測することが可能です。

HFA20170517-1

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.04更新

AFC
眼底(眼の奥)を撮影する事が可能です。
従来の眼底検査の60%の光量で同等の撮影が可能な為、患者様の負担を大幅に軽減する事ができます。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.04更新

IOL Master 500

眼球の長さや角膜の形状を解析し、白内障手術で挿入する眼内レンズの度数を決定する際に用います。 非接触型で痛みもなく迅速に測定する事ができます。 500シリーズの最大の特徴として大幅に撮影時間が短縮され従来のシリーズの半分程の時間で測定できますので患者様の負担を軽減する事ができるようになりました。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科

2017.04.03更新

FDT20170517

・視野欠損の検出が、早期に効果的におこなえます。緑内障の早期検出は、緑内障管理がより早期に開始できることを意味し、早期に治療を開始できれば、生涯にわたりQuality of Vision を維持できることにつながります。

・短時間で検査が行えますので、健診等のスクリーニングに適しています。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科