当院からのお知らせ

2020.12.01更新

2020年11月28日~29日と福岡の国際会議場で第59回日本網膜硝子体学会が開催されました。新型コロナウイルス感染の事があり、今年3月以降は学会もWebで参加していました。今回は現地に直接行けて、話が聞けて、質問もできたので良かったです。

今回はシンポジウムはもちろん、教育セミナー(代表的な網膜硝子体の検査と治療  ①中心性漿液性脈絡網膜症の診断と治療 ②加齢黄斑変性の診断と治療、硝子体注射の止め時 ③ぶどう膜炎の診断と治療 ④糖尿病黄斑浮腫の診断と治療、硝子体注射の止め時)も聞けて勉強になりました。硝子体手術に関しては、黄斑円孔や網膜剥離の戦略について、眼内レンズ強膜内固定などについて話があり、今後の硝子体手術に生かそうと思います。(担当 安里)

第59回日本網膜硝子体学会に参加してきました

第59回日本網膜硝子体学会に参加してきました

第59回日本網膜硝子体学会に参加してきました

琉球大学から当院に応援に来て頂いている、寺尾信宏先生と一緒に。

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科


SEARCH



CATEGORY