当院からのお知らせ

2020.06.10更新

当院でコロナ対策の一環として今年5月から導入しているドライミスト「Air Force」ですが、今回6月からさらに大型タイプを追加で、糸満院とおもまち駅前院の待合室に設置しております。

ネットやニュースなどで次亜塩素酸が話題になっていたので、担当のメーカーさんをお呼びして、改めて今回当院で採用しているニュースマイルウォーターについて伺いました。

『次亜塩素酸の特性でPHによって形態が異なり、PHが1に近すぎると殺菌力も低く酸性度が高すぎるため塩素ガスを発生してしまうこともあり(現在ニュースで話題になっている次亜塩素酸はこちらに該当する)、アルカリ性だと遅効性の次亜塩素イオンとなり殺菌力も下がってしまう。しかし、弱酸性だと殺菌力も高く、有毒な塩素ガスも発生させることもないため安全性が高い。当院で採用しているニュースマイルウォーターは、弱酸性次亜塩素酸精製水で、話題になっている次亜塩素酸とはPHが異なるため塩素ガスも発生させることもなく、殺菌力は高く安全性も保障されており、アルコールでの殺菌が難しいインフルエンザやノロウイルスなど、ほとんどの菌やウィルスに有効である。除菌力は漂白剤などの約80倍と強力で、以前から沖縄県内のいくつかの医療機関、保育園、介護施設にも設置されているが、ニュースで話題になった肺に及ぼす影響など、安全性の面で問題が起こったという報告はない』とのことでした。(担当 玉城)

ニュースマイルウォーター噴霧器

噴霧器

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科


SEARCH



CATEGORY