当院からのお知らせ

2019.12.27更新

当グループでは、2012年よりおもろまち駅前院にて多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)を先進医療、自由診療で行っておりましたが、先進医療会議において、2020年4月からは先進医療制度から外し、保険診療+選定療養として行われることが決定しました。選定療養とは、保険のきかない眼内レンズ代については自由診療で行い(金額は未定)手術における技術料は健康保険で行うというものです。該当する制度で分かりやすい例は差額ベッド代となります。

先進医療として現在老眼の最新治療、多焦点眼内レンズに力をいれておりましたが、来年の3月中に手術を受けられた方のみ先進医療としての多焦点眼内レンズ白内障手術は適応されませんのでご了承頂けるよう宜しくお願い申し上げます。

現在、白内障手術を検討されている方は、先進医療保険特約などの条件を確認のうえ,早めに医師スタッフへお声かけ頂けるよう宜しくお願い致します。

尚、当グループでは、4月以降も選定療養、自由診療にて引き続き多焦点眼内レンズを用いての白内障手術、老眼治療を実施していきます。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科


SEARCH



CATEGORY