当院からのお知らせ

2019.10.02更新

2019年10月2日(水)にザ・ナハテラスにて眼科手術アップデートセミナーが開催されました。

特別講演1『屈折矯正と老視矯正も希望する白内障患者を満足させるために必要なこと』 演者:木村 格先生(木村眼科内科病院)

当院でも多焦点眼内レンズを扱っておりますが、単焦点と比較して、メリット・デメリットどちらもあります。多焦点眼内レンズは、眼の中に入ってきた光を二つに振り分けてしまうため、光を全て活用する通常タイプの単焦点眼内レンズより見え方の質が劣ってしまう可能性があります。職業によっては、カメラマンやデザイン関係の職業の方、細かいことが気になり色々と考え込んでしまう神経質な方には向かない場合があります。また、多焦点眼内レンズを使いこなすために高度の網膜機能が必要であるため、網膜疾患などの病気に罹患している場合や、非常にご高齢な方などは網膜の機能自体が落ちている可能性があり、見え方の質が劣ってしまうため、適応外になることもあります。木村格先生は、片眼に遠中重視、もう片眼に中近重視の多焦点眼内レンズを挿入したブレンドビジョンについて、豊富な診療経験をふまえて分かりやすく説明していました。

眼科手術アップデートセミナー

特別講演2『IOL新素材デバイスClareon AutonoMeと3Dシステム NGENUITYの使用経験』 演者:坂口 裕和先生(大阪大学)

坂口 裕和先生は、炭酸ガスの内蔵された新しい挿入デバイスであるAutonoMeと新しい眼内レンズClareonについてのお話でした。当院ではAuto Sertを利用しておりますが、セッティングの手間が今後の課題かなと思いました。他に最近ホットなHeads up surgeryについてお話があり、大学病院などの教育の場ではかなり有用性があると感じましたし、あと術者の姿勢の負担が減るので長時間の手術でも疲れにくいとのことでした。年齢を重ねると、若い頃には感じていなかったことが徐々にでてきます。科学の進歩とともにまだまだ進化を遂げるであろう手術システムの今後に期待します。(担当 安里)

眼科手術アップデートセミナー

眼科手術アップデートセミナー

 

 

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科


SEARCH



CATEGORY