当院からのお知らせ

2019.06.30更新

今年の第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会が、京都のみやこめっせという会場で3日間開催されました。今回は、総院長と副院長、スタッフ3人で参加してきました。

講演の中には、近年多様化している眼内レンズの選択について、患者様の生活に適したレンズ選択のために、他院の取り組み・説明の仕方などを学べとても勉強になりました。また、高齢の方は高音が聞き取りにくい場合が多く、対策として低く大きく声掛けをすることなど、ご高齢の方や認知症の方への対応の仕方も学びました。

 第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会

機械展示場では、距離を調整できる持ち運び可能なタブレット型の視力及びコントラスト検査などの最新の検査機器、手術機器など多数体験することができました。両眼視機能検査、眼位や眼球運動、両眼開放での瞳孔の大きさを一台で検査できるJFCのアイナックも、お子さんでも興味をもって検査できる機器だと思いました。

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

現在総院長が行っているi-Stentについての講演もあり、低侵襲の緑内障手術を白内障手術の際に同時にする事で緑内障薬剤を減らせることが可能となりました。適応があれば勧めてはどうか。適応時期についてもお話がありました。

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

手術後の合併症の発生率も展示され、安全な手術であると言われている白内障に関してもゼロではないことを再認識しました。

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

レーザーによる最新の水晶体前囊切開装置カプスレーザーの展示ブースに立ち寄り説明を受けました

第34回JSCRS (日本白内障屈折矯正手術学会) 学術総会の様子

当院は最新の技術・機械を国内外の学会等で情報を取り入れて対応しており、日々勉強だなと改めて感じました。今回勉強したことを皆で共有し、少しでも患者様の為に活かしていけたらと思います。
(担当 平安)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科