当院からのお知らせ

2019.05.25更新

先日、OKINAWA Cataract&Corneal Seminarがハイアットリージェンシー沖縄で開催されました。

琉球大学眼科教授 古泉英貴先生座長のもと、①白内障『難症例の対処法とFLACS』の題で、東京慈恵会医科大学眼科学講座 講師 増田洋一郎先生の講演でした。

白内障手術の際に必ず行うHydrodissectionですが、それをフェイコの灌流をうまく利用して眼内閉鎖空間を作ることによって安全に行う方法や、IAの灌流で切開創のhydrationを行う方法、またFLACSを用いた低侵襲の白内障手術など、とても勉強になりました。

OKINAWA Cataract&Corneal Seminarに参加しました

OKINAWA Cataract&Corneal Seminarに参加しました

②屈折矯正手術『現状と今後の展望』の題で、北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻 視覚衛生学教授の神谷和孝先生の講演では、LASIKやSMILE、Hole ICL、PiXLなどについて屈折矯正分野での最先端のお話を伺えました。

当院でもLASIK、PTK、PRKは行っておりますが、海外では日本と違い少しずつLASIK手術件数も伸びてきているようです。日本では東京の眼科の集団感染の問題で、イメージが悪くなり数十年前と比べるとかなり件数は減ってきておりますが、手術自体はとても素晴らしいもので今でも多くの近視の患者様に笑顔をもたらしてくれています。

Hole ICLは当院でも手術件数が年々増えてきており、昨年AKBの指原さんが手術を受けたということで、認知度は上がっている印象です。

角膜クロスリンキングについても今後当院で積極的に取り入れ、沖縄ハートライフ病院の親川格先生とも連携して、円錐角膜で困っている患者様のために診療体制を整えていけたらなと考えております。(担当 安里)

OKINAWA Cataract&Corneal Seminarに参加しました

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科