当院からのお知らせ

2018.09.27更新

本日は参天製薬株式会社の竹市氏による地震対策について抗VEGF薬アイリーアについての説明会が行われました。

表紙4地震対策

9/20,9/21と糸満/おもろまちの両院で救急対応と消防避難対策を行いましたが、今回は地震対策について学ぶことができました。先の北海道地震こともあり、慎重、真剣に取り組む姿勢が伺われた有意義な勉強会となりました。地震発生時のP波(小さな縦揺/秒速約7km)が起こってから次のS波(大きな横揺/秒速約4km)が起こる前に安全ゾーンへの移動が大事であること。この初動作が肝心であることが理解できました。これは救急対応、消防避難と同じで、何事も有事の際は的確な判断と初動作が大事であると分かりました。地震の場合は院内レイアウトを把握した安全ゾーンと危険ゾーンを把握して速やかな移動、案内を促す必要があります。各フロアで通路と通路が交差する場所で物が倒れたり、ガラスが落ちてこない所を安全ゾーンとして指定し、そこへ避難する、誘導できる訓練が必要と感じました。院内における業種別の注意事項、転倒防止の方法、チェック項目マニュアルなどの紹介もありとても参考になりました。

アイリーア

その後にアイリーア投与方法についての説明があり最適な治療と目的を学ぶことができました。今回もわかりやすくご説明頂いた竹市様ありがとうございました。

 

総院長出題の第21回安里眼科院内テストは 目と健康シリーズN0.6~10                                                                                           網膜動脈閉塞症/加齢黄斑変性/中心性漿液性脈絡網膜症/網膜色素変性症/緑内障でした。(担当 屋冝)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科