当院からのお知らせ

2018.06.23更新

プログラム

第2回沖縄県視機能看護勉強会(P´S SQUARE 浦添 会議室)
平成30年6月23日に開催された第2回沖縄県視機能看護勉強会に当院から総院長、副院長、他スタッフ11名参加させていただきました。
座長:比嘉眼科病院 比嘉明先生 
比嘉眼科病院:南 あかね先生 関 次郎先生 
林眼科病院 看護部長 長野 美香先生 にご講演頂きました。

特殊検査における検査室の環境、感染対策について、手術前のインフォームコンセントについての勉強会でした。特殊検査においては難しい検査の内容や必要性を患者様に理解できるようにパンフレットの作成や検査における不安軽減の為、BGMの選択や検査室に写真を貼る等の工夫がされており、それでも30%程の方が不安に感じるとの結果から個々に合わせた対応の必要性の説明等詳しくご講演頂きました。感染対策については感染経路についてや手指衛のタイミング、アルコール綿の単包化の重要性や消毒薬剤の使い分け等の勉強をさせて頂きました。

特別講演ではインフォームドコンセントから術後指導における問題点と対策について林眼科病院 看護部長 長野美香先生にご講演頂きました。白内障手術についてのインフォームドコンセントでは、患者様が自分にとって大切と感じている説明は、術後の視機能の回復、術後の安静、手術におけるリスク、焦点距離についてなど患者様によってさまざまであること、手術日の日程や術後の焦点距離、QOLの変化について等、患者様のセルフケアを項目別にし、術後の生活をイメージできるような説明の仕方を学びました。また、不安の強い患者様には術中シミュレーションを行っているとの事で、外来業務をしながら、医師、各部門と連携をとり手術を受ける前の患者様の不安の軽減に努めているとの事でした。会場からは「患者様に不安なく手術に向けての心構えしていただくには?」「患者様が何を一番不安に思っているのか?」「術後点眼の説明の仕方」等々たくさんの質問がとんでいました。とても興味深く多くの知識を学ぶことができました。当院でも今後より一層、患者様の満足できる医療を提供できるようスタッフ一同取り組んでいきます。

ご講演いただきました先生方ありがとうございました。(担当 伊敷)

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科


SEARCH



CATEGORY