当院からのお知らせ

2018.05.16更新

本日、安里眼科おもろまち駅前で沖縄初のレーザーを用いた涙嚢鼻腔吻合術(DCR)が嘉鳥先生により、行われました。

~涙嚢鼻腔吻合術(DCR)~とは流涙の治療です。

流涙の治療法~
涙道内視鏡を用いて、専用の涙管チューブを挿入し、涙道を再建します。局所麻酔で行えるため、日帰りで治療ができます。挿入したチューブは外からはほとんど見えず、日常生活も問題なく行えます。チューブは通常2~3カ月後に外来で抜去します。
チューブを抜去した後に、再閉塞を起こした場合はDCRという手術による新しい涙道を作る方法もあります。涙の通り道である、涙嚢‐膜性鼻涙管と鼻腔(鼻の奥)の涙嚢以下を直接つなぐ手術で、より効果の高い治療法です。

今までの治療法のように鼻の付け根の骨に穴を開けて、骨性鼻涙管の中の膜性鼻涙管を出し、涙嚢‐膜性鼻涙管を開く方法では、出血を伴うため入院での手術となる事が一般的でした。今回行われた手術は涙点から細いレーザーを入れて、鼻の内視鏡で確認しながら、涙嚢から鼻腔への道をレーザーで拡大し、チューブを挿入し終了となりました。局所麻酔下で行われ、患者さんの負担が軽減された、低侵襲で出血の少ない手術でした。
手術を受けられた方が”全然痛く無かったよ”と言いながらお帰りになったのが印象に残っています。

レーザーDCR画像

流涙でお悩みの方はこちらから↓
http://www.asatoganka.or.jp/general/#general1111

当院医師、スタッフへお気軽にお声かけ下さい

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科