当院からのお知らせ

2018.03.27更新

本日、糸満院にて、アルコンファーマ株式会社主催/Webシンポジウムが行われました。視野検査~最新トピックスと検査結果の生かし方~について近畿大学医学部眼科講師の野本 裕貴先生がご講演されました。

表紙

佐藤さん山田さん

安里眼科糸満勉強会外観

視野検査機器、主に自動静的視野計の検査結果の読み方や現状での問題点、それに対する考え方や改良への試み、最新の視野検査機器について学びました。視野検査は、主に緑内障の患者様を主体に検査を実施していますが、視野の異常により患者様の見え方の質=QOV(クオリティオブビジョン)が低下しています。病態の悪化を防ぐためにも検査の役割がおおきいため現在の検査方法だけでなく患者様一人一人の病態に合わせた測定ポイントを重点化した検査プログラムや患者様の視野欠損に合わせた検査プログラムを用いることで検査時間の短縮や診断の活用に用い、より良い治療に繋げることを学びました。

視野計スラ1

患者様の生活の質=QOL(クオリティオブライフ)を向上するために見え方の質=QOVが重要になりますので眼科スタッフとして正確な視野検査を行い、緑内障点眼薬の重要性を理解してもらえるよう説明を努めていきたいと思います。(担当 照屋)

QOLスラ2

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科