設備紹介

2017.04.06更新

TMS

・従来の検査法では非接触非侵襲で観察が困難であった前眼部の断層像の撮影が容易に行えます。1 回の撮影で前眼部の全体像を捕えられるため、3 次元の画像を映し出すことや、角膜の前面と後面の形状を精密に計測し、それらをカラーコードマップとして表示できます。角膜の形状や断層についても詳細な情報を得られるため、角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患の治療に役立てます。

・緑内障に関係の深い隅角の状態を全周に渡って観察できることで、診断や治療後の経過観察に大変有用です。狭隅角眼などの術前/術後の検査に威力を発揮します。

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科