目の豆知識

2011.10.18更新

散瞳とは?
散瞳とは瞳孔(瞳)が広がった状態の事を言います。
 
散瞳検査とは?
散瞳検査とは散瞳及び調節麻痺剤を点眼しての検査となります。散瞳薬を点眼する事によって瞳孔が開き、眼底や水晶体を十分に照らす事ができ、観察する範囲を広げることができます。
散瞳薬及び調節麻痺剤の効果は4~5時間程度続き、その間は光が眩しく、かすんだ状態が続きます。
その為、散瞳検査後、最低6時間は車やバイクの運転はしないで下さい。

  散瞳前  散瞳後  

散瞳検査3

投稿者: 医療法人水晶会 安里眼科